FC2ブログ

アナトミックシャロー

5.FELT カスタマイズ
08 /08 2009
210808propltos01.jpg
ドロップハンドルと言えば下ハンですが、どうも下ハンで長時間は苦しくて走れない。今流行のアナトミックシャローは下ハンが握りやすいとのことで換装しました。
左がFELT完成車付属のアナトミックハンドル。右が今回換装したアナトミックシャローハンドル(SHIMANO Pro PLT OS コンパクト I)。

ちなみにアナトミックシャローはランス・アームストロングがボントレガーに「上ハンドルはアナトミックのように、下ハンドルはシャローのようなものを」とリクエストして作らせたもの。(詳しくはこちらを)
210808propltos18.jpg210808propltos19.jpg
ハンドル部分のアップです。
Pro PLT OS コンパクト I(右)は
  リーチ=70mm
  ドロップ=125mm
オリジナルのアナトミックハンドル(左)は
  リーチ=110mm
  ドロップ=160mm
とかなり凶悪、なるほど下ハンが低く遠かったので苦しい訳だ(`へ´)

210808propltos04.jpg210808propltos05.jpg
重量もアナトミックはゴッツイので307g、Pro PLT OS コンパクト Iは272gで35gの軽量化。

ではハンドルの交換作業です。
210808propltos06.jpgバーテープを剥いでSTIレバーの脇から6角レンチでボルトを緩めます。

210808propltos07.jpg210808propltos08.jpg
こんな取付バンドだけ残してSTIが外れました。
次はステムキャップのボルト(4本を)外してハンドルを取り外します。写真を撮り忘れました(-_-;)

210808propltos13.jpgハンドルを交換してステムキャップを取り付けますがネジにはお約束のデュラグリスを塗っておきます、

210808propltos09.jpg210808propltos10.jpg
ステムキャップにはTACX/カーボンアッセンブリーコンパウンドを塗ります。カーボンパーツでなくてもこのコンパウンドは滑り止めになります。走行中にハンドルがグルッと回ったらイヤですよね。もちろん

210808propltos11.jpg210808propltos12.jpg
とりあえずハンドルを仮付け。PLTのロゴがクール(自画自賛
ハンドルにはワイヤーアウターを這わす溝があります。

210808propltos14.jpg210808propltos15.jpg
定規と水準器で左右のSTIの高さを合わせます。

210808propltos16.jpg210808propltos20.jpg
〆はバーテープ。ずっとSILVAのコルクテープでしたが、このテープはすぐロゴが剥げてしまうので今回はfizi:kのバーテープにしました。材質はフィジークサドルと同じマイクロック、やや薄手でツルツルした感触、強度はコルクテープよりかなり強くて引っ張りながら巻くのに力が要ります。穴明きのデザインなので巻く時にロゴを揃える苦労が無いのがグッド。
バーテープ交換も3回目なのでアッサリと巻けました。

210808propltos21.jpgハンドル交換後にポジションチェックのためひとっ走りしてきました。マリンスタジアムはサマソニ2009ですごい人。


今のところ以下の感想です
 下ハンを持ったとき姿勢が楽
 下ハンを握ったときブレーキレバーが近くなった
 上ハンとSTIブラケットの高さを揃ってポジションが自由になる
 見た目がシャープになった
やっぱり流行するだけあって(・∀・)イイ!

■リンク
 Pro PLT OS コンパクト I(楽天市場)
 fizi:k Bar Tape(楽天市場)
 SHIMANO デュラエースグリス(楽天市場) 
 TACX/カーボンアッセンブリーコンパウンド(楽天市場)
 Pro PLT OS コンパクト I(SHIMANO)
 理想のハンドル「アナトミックシャロー」1(AllAbout)
 理想のハンドル「アナトミックシャロー」2(AllAbout)
 理想のハンドル「アナトミックシャロー」3(AllAbout)
 サマソニ東京

コメント

非公開コメント

itaさん 今日は

>下ハン拒否症候群も解消できるかも
ハンドルを換装してから下ハンは握りやすくなりましたが、メタボなお腹が膝にあたります(号泣
やはりローディはお腹が引込んでないと格好悪いですね。

>バーテープ巻きは何度やっても
私は少しくらい旨く行かない部分があっても気にしないようにしてます。ナーテープを新調すると気分が良いですよね!

私もアナトミックシャローに替えて、初めてヒルクラ&ダウンヒルを走って来ましたが、やっぱり下ハンが握りやすくなりました。
これなら下ハン拒否症候群も解消できるかも。

バーテープ巻きは何度やっても一発で決まらないです。

MTKさん こんにちは

確かにアナトミックシャローで下ハンでのブレーキの握りやすさは劇的に改善しますね。

>③ステムを10mm延長
今回はステムは換えなかったのでブラケットを持った時のポジションはアップライトなっています。もう少し走ってみてステムを延長するかどうか考えます。
ステムが長いほうが見た目もよさそうですし。ステムもシマノProに揃えようかな(シマノの策略に嵌ったか!

>見た感じのバランスが良くなった
やっぱり自分の満足度の向上が一番大切ですね(笑

P.S.
操作ミスで下書きのままエントリーしてしまいました。写真だけのエントリーにコメントありがとうございます。

お久し振りです。偶然、同じ時期に同じことを私も行いました。
内容は、①ドロップハンドルをショートリーチ化し②ハンドル幅を若干狭くすると共に③ステムを10mm延長しました。
①と③の狙いは下ハン時にブレーキレバーが握りにくかったのを改善させるのと共に前傾感覚は変えないこと。②ではライディング時に脇を締める感覚を改善させる為でした。
・・・結果は・・・どっちが良かったのかまだ良く分りませんが①と③では下ハン時の問題はかなり改善したし、前傾時の下肢の力のかかり方は変化が無く成功と思います。②では何となく体が安定したか気がしました。但し、ダンシングの際に車体を横方向に押さえる力が想像以上に重くなった感じがしました。長い登りの際に少々不安な感じがしました。でも、①③共に今までのブラックからメタリックにて見た感じのバランスが良くなったのでこれで良いことにしよう!!

masa

最近、禁煙し太り気味
目指せ体重70kg!!!