FC2ブログ

ヘッドパーツグリスアップ(FELTオーバーホールその2)

8.FELT メンテナンス
12 /29 2009
211229headparts07.jpgオーバーホールその2はヘッドパーツのグリスアップ。

211229headparts01.jpgインテグラルヘッドのグリスアップは簡単、まずアヘドステムのボルトを緩めます。

211229headparts02.jpg 211229headparts03.jpg
次にトップキャップを外せばステムが抜けますが、組立てる際にステムとスペーサーの組合わせを間違えるとヘッドパーツが組み立たなくなるので事前に確認しておくことに。ステムの上側はスペーサ0枚、下側にスペーザー3枚になっていてその下にダストキャップがあります。
211229headparts06.jpg 211229headparts05.jpg
ステムとスペーサーを外すとフォークコラムが裸になります。次にダストキャップ、スリーブ、プレッシャーカップ、ベアリングを外していき、最後にプラスチックハンマーで軽くフォークコラムを叩くとフォークが抜けます。
トップの写真のように外した順に部品を並べて置かないと組立てるときにパズル状態で悩みます(笑
211229headparts09.jpgヘッドパーツのベアリングですが3シーズン放置で結構汚れてるしグリスはほとんど残っていませんね。古いグリスはウェスで除去しておきます。

211229headparts08.jpg 211229headparts11.jpg
プレッシャーカップ、左上の写真を見ると分かるように汚れたグリスが残っています。これをウェスで綺麗に拭きあげます(写真右上)。
211229headparts10.jpg古いグリスを除去したらまず下ベアリングをフォークコラムに組込み信頼の(笑)デュラグリスをタップリ盛ります。

211229headparts12.jpgヘッドチューブにフォークコラムを挿入します。次に上ワンにグリスを盛り、上ベアリング、上プレッシャーカップと外した時と逆の順番で組み込んで行きます。

ヘッドキャップの取り付けボルトは本締めせずヘッドパーツのガタが出ない程度の力で締めます←これ大事です
最後にハンドルの向きを確認しながらステムのボルトを所定のトルクで締めて完成です。ベアリングのあたりの調整はハブに比べるとラフで良いので簡単です。

着々とオーバーホールは進んで行きます(*^_^*)


■リンク
 インテグラルヘッド豆知識(HOZAN)
 SHIMANO デュラエースグリス(楽天市場)

コメント

非公開コメント

masa

最近、禁煙し太り気味
目指せ体重70kg!!!