FC2ブログ

BD-1にバッシュガード装着

4.BD-1 カスタマイズ
11 /10 2018
IMG_20181110_131432-s.jpg 
BD-1オリジナルのチェーンリングガードが破損したのでアルミバッシュガードに換装。


IMG_20180804_175744-s.jpg 

BD-1のオリジナルチェーンガードはプラスチック製(写真赤矢印)の安っぽいもの。写真では分かり難いが10年使って経年劣化でバリバリに割れてしまった。
r&mは2012年のモデルからSUGINOがBD-1のために作成したアルミ製チェーンリングガードを採用、この旧タイプのプラスチック製チェーンガードは廃番。新チェーンリングガードはアルミ削り出しでカッコいいものの専用取り付けボルトを合わせると2諭吉と超高価。

IMG_20181031_220753.jpg 

チェーンガードごときに2諭吉では手が出ず、どうしようかとネットで調べていて見つけたのがバッシュガード。そもそもMTBに装備しチェーンリングを石でヒットして破損するのを防止するためのもののようだがこれが何とか使えそう。早速、Driveline G2モデル バッシュガード BCD130mm 63T用を購入。
値段の割にはCNC加工で高級感あり。

IMG_20181031_220803.jpg 

裏面は味も素っ気も無いただの平板www

IMG_20181031_222045.jpg 

チェーンリングボルト・ナット・スペーサーも5組セットになっている。

IMG_20181031_221916.jpg 

チェーンリングボルトは長さ18mm。

IMG_20181031_221829.jpg 

5mm厚のスペーサーをチェーンリングとバッシュガードの間に噛ます。

IMG_20181031_221738_BURST001_COVER.jpg 

ナット高さは15.5mm。

IMG_20181031_221147.jpg 

さすがにアルミ一枚板のバッシュガード、148gと結構重い。

IMG_20181103_154134.jpg 

取り付けは簡単でチェーンリングの外側に付属スペーサーを入れその外側にバッシュガードを取り付けるだけ。ボルト・ナット・スペーサーの寸法で大丈夫か心配だったがフロントシングルのBD-1には結果としてジャストサイズだった。
チェーンリングの外側にバッシュガードを取り付けるだけなのでチェーンラインも変化は無い。

IMG_20181103_154918.jpg 

リヤトップにしたときチェーンリングとバッシュガードの接触が心配だったが、5mmのスペーサーのおかげで大丈夫だった。
ネットの記事を見ると少し大きめのバッシュガードを選定したほうが良いとのコメントもあったが56Tのチェーンリングに56T用バッシュガードで冒頭の写真のようにぴったり、わざわざ大きいものを選ぶ必要は無かった。

IMG_20181110_131425-s.jpg 

さて換装後の外観は(これが一番大事www)、ぅ~ん、チェーンリングと同じ質感のため全く目立たない。まあ、これで我慢するしかないかな。

 











コメント

非公開コメント

masa

最近、禁煙し太り気味
目指せ体重70kg!!!